FC2ブログ

嵐の音?

6月19日(火)~20(水)

火曜夕刻からの雨、夜の暴風雨と
早くて強い台風4号でしたね

台風の夜、子供が寝てから 
リビングでテレビを見ていると
(我が家が10階のせいか)
部屋のダクトや窓越しに 
すごい風の音を聞きました

早帰宅だった夫も 就寝し
嵐の音を聞きながら
私は1人 夜更かしで
パソコンに向かっていたら

ひーひゅーー

あぁ ほんとうにすごい音だ
嵐だもんなー

ひーひーひーー

ベランダは片付けたけど大丈夫かな

ひーひー ひぃぃ~

ん?音が大きい??
やだ、どこか窓あいてる?

ひー ひーひぃぃ

うえぇ!!!
嵐じゃない、風の音じゃないっ
兄さんが 泣いとるやんけー!!!

「ひー いたい、いたい、
 いたいぃぃぃい」
はい、兄さんが泣きながら廊下に立ってました

…100%風の音だと思った母を許せよ

兄さんは 右耳下を押さえて 泣いており
見ると 見事に腫れている、熱はなし。
うちの息子達は 「おたふく済み」
何か炎症か もしくは 
兄さんが入れている耳のチューブ関連か
しばし困惑するも 
兄さんは痛くて仕方ないと大号泣
とりあえず 冷やして
歯科でもらった痛み止めを 
「魔法の薬」と言って 飲ませたら
かなり効果的で 早々に落ち着き
再就寝してくれました
これ 夜中の1時。

翌朝 兄さんの腫れは 
そのままだけど触ると痛い、そう。
朝の兄さん 
ひどい顔&髪&写真を撮る母への不審な視線
0620y1.jpg

かかりつけの耳鼻科にて
「細菌による耳下腺炎」との診断。
(口内の唾液腺の開口部から細菌が入った等)

診察後、腫れが落ち着いたねと言ったら
ほっぺたを膨らますサービス満点の兄さん(笑)
0620y2.jpg

弟くんもおつきあい、
はっ兄さんやっぱり顔がゆがんでる!?
0620y3.jpg

いやいや大丈夫、ゆがんでない(笑)
0620y4.jpg

以上、台風をはさんでの
我が家の ちいさな嵐の話でした 

しっかし 朝は 台風一過の熱い青空なのに
川崎市より暴風のため 臨時休校の連絡あり
子供を預けるわくわくプラザも休みに!
私は仕事のない日だったけど
お仕事ママは ドタバタだったはず、お疲れさまでした

スポンサーサイト

インフルエンザ

2月8日(水)

兄さん インフルエンザA型 でましたぁ-

昨夜、私の就寝タイムに 兄の横にごそごそ入ると ビミョーにあつい?
兄のおでこを触ると それほどでもなく 
ただ やたらと寝返りをうつ&ハァーだのウーだの言っていたので
もしやもしやと思っていたら 案の定
夜中の1時すぎに 兄起床「あついあつい」
体温38.5度→水枕やら冷えピタドタバタ~
眠れない、あつい、さむい 起きたいと言い リビングへ移動
ソファーへ寝かせる 私はラグの上で仮眠 これで夜中の3時すぎ
6時起床 37.1度→朝一番の 診察で インフルエンザ確定、でした

前回は タミフル処方だったけど 
今回は イナビル吸入粉末 その場で吸入して終わりなのね びっくり

深夜とは一転、朝には 落ち着いていた兄さん
病院から帰宅後も 折り紙なんかしちゃってます

2012020809550000.jpg

これから寝かせます

今後

弟くんがどうなるかっ、

私や 夫(ワクチン接種済)に移らないかっ

どうなることやら~


参考:こちら幼稚園の時のインフル記事 チビで可愛い

いたいよぉ

やっと涼しくなってきました
でももう1回暑くなるとかならないとか…それもコタえそうでイヤですね

さて9月も中旬。
息子達は 23日の運動会に向けて練習の日々です
先週~今週は ママも係の打合せや参加競技練習などあり。
今年も 綱引き、リレー、盆踊り的ダンス(笑)&お世話係と夫と共にいろいろ参加
お祭り好きな性分ゆえ、ですが なんと言っても幼稚園最後の運動会ですから
存分に楽しみたいと思っています

そんな運動会モードな中、13(月)深夜
夜更かしてリビングでPCを見ていた私のもとに 寝室から兄が起きてきて

「いたいよぉぉぉぉ 耳がいたいよぉぉぉぉぉぉ」大号泣 

右耳を押さえて 痛くて起きた、眠れないと泣きながら訴える兄を前に 不謹慎ながら
私は「えぇぇ?またぁぁ?!」
実は8月の半分、兄は この「滲出性中耳炎〈しんしゅつせいちゅうじえん」の治療をし
9/2に治ったところだったから、「またぁぁ?!」なのでしてぇ涙

~滲出性中耳炎 〈しんしゅつせいちゅうじえん) ~
 鼓膜の奥の中耳腔という部屋に滲出液という液体がたまる病気。
 中耳の粘膜の炎症と耳管の働きの低下があると、
 粘膜からしみ出た滲出液が中耳腔にたまるようになると考えられています。
 子どもでは3歳ごろから10歳ごろまでに多くみられます

~原因~
 1番多いのは急性中耳炎が十分に治りきらずに
 鼓膜の内側に膿が滲出液となって残ってしまう場合。
 普通、中耳炎の膿は中耳の粘膜から吸収されたり、
 中耳と鼻の奥をつないでいる耳管をとおって、のどのほうに排出されます。
 鼻の病気や、のどの炎症があったり、アデノイドが大きい場合などでは、
 このような耳管〈じかん〉の働きが悪くなり、滲出性中耳炎になりやすくなります。
 滲出性中耳炎で中耳にたまっている液体は、中耳の粘膜からしみ出たもので
 水泳や洗髪で耳(外耳道)に入った水が中耳にまで入ることはありません


兄はたぶん3~4歳頃の急性中耳炎と鼻の通りが原因。
とにかくすこしでも鼻水が出たらすぐ耳鼻科、な兄。
先日、浸出液もなくなり 鼓膜検査もOKになった後は 
とくに鼻が出ることもなく 元気に過ごしていたのに 夜中に痛みの叫びとなりまして…。

夜中の12時すぎから ウトウト~痛みで起きる泣く、を繰り返して朝だわさ
翌日一番で 診察したところ 「今まで一番ひどい症状」
これまた 「えぇぇぇ???!!!」
たいして鼻水もなく 痛みも訴えず 突然の悪化にハテナだらけ。
こうなると これまで2回している 「切開」処置です

~鼓膜を切開して 中耳腔にたまっている滲出液出すこと。
 耳腔にたまっている液体を排除することだけで、聞こえは回復します
 鼓膜に小さい穴が残りますが、この穴は数日で閉じてしまいます


耳の奥にする麻酔もそれなりに痛いうえ 今回は麻酔も効かないかも的状況でしたが
どうやら麻酔は効いた様子。
だけど 何度やっても 恐怖と不安で断末魔の叫びで
久々に叫ぶ兄を私が抱っこし体を押さえての処置でした
病院中に 絶叫がぁぁぁ (汗)
…それほど大騒ぎをするわりに 切開後は本当に痛みがなくなり 
すぐ おだやかな いつもの兄に。

そんなわけで1日休んだものの 翌日からは元気に登園しています

何度も繰り返している滲出性中耳炎、長いつきあいになりそうで憂鬱なんですが
下記の記事を読んで ちょっと気楽になりました

~滲出性中耳炎は 「滲出液がなくなっていたら治癒」
「また溜まったら再発」と表現するのは適切ではないと考えています。
日によって、滲出液が溜まっている場合もあれば、
まったく鼓膜が正常のときもあるという、変動と考えるのが妥当ではないでしょうか。
実際、小児の経過観察をしていると、
今週は鼓膜の状態がよかった、先週は悪かった、というようなことが日常茶飯事なので、
そのことだけで一喜一憂するのはご両親の精神衛生上もいいこととは思えません。
「今日は治っている」「また、再発している」といわれるよりも、
「今日は鼓膜の状態はいいですね」
「今日は滲出液が溜まった状態です」というほうが、状態を正しく表現していると考えています。


なにはともあれ 運動会間際でなくてよかった
髪の毛カットもして 準備OK!
P1020117yk.jpg 

   実は 兄さん 運動会にて
  
   すごい大役を仰せつかりまして…。

   楽しみ + 緊張感と 期待と 不安

   ごちゃまぜにして

   運動会を待ちわびているのです

   
   どんなお役かは…

   
   …次記事で。

   

   とにかく 元気にがんばりまぁーす!!!


テーマ : 双子の子育て - ジャンル : 育児